お金の節約

【簡単節約】誰でも出来るっ!?
今からでも出来るふるさと納税簡単解説っ

皆さんはふるさと納税ってご存知でしょうか?

なんか確定申告などめんどくさい事やって、

地方自治体にお金払ったら特産品がもらえる。

みたいな印象の方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

(舐めんじゃないよ!と声が飛んできそうなのはお許しを💦💦💦)

実は・・・

筆者じゅんちゃんもそんな確定申告めんどくさいなーと思って

ふるさと納税やればいいと知ってても、あまり関係ないやーと思って放置してる。

そんな人でした。

しかし、ふるさと納税は色々調べればメリットがたくさんあります!

今回はそんな・・・

  • ふるさと納税って何?
  • 会社員でも節税になるの?
  • ふるさと納税ってどうやってやるの?
  • ふるさと納税で美味しい物もらえたらいいな・・・
  • 個人事業主の方でも節税したい

そんな方々におすすめな

【ふるさと納税】をご紹介します!

結論・・・

  • 実質2,000円で翌年の住民税と所得税を節税出来る!
  • 住民税や所得税の先払いが出来る
  • 会社員の方でも出来る。
  • いろんな地方のことを知れる。
  • ポイントも貯まる

などなど住民税と所得税を先払いして、

2,000円の手数料がかかりますがいろんな返礼品をもらえたりする

国の制度です。

じゅんちゃん

住民税・所得税をが減額で、返礼品と地方もお金が入って活性化すると嬉しいね

ふるさと納税は、ざっくりいうと2,000円で税金控除と返礼品がいただける制度

返礼品がもらえる

ふるさと納税はざっくりいうと2,000円を超えた寄付額が

翌年の住民税・所得税から控除される制度となっております。

寄付する自治体は自分の好きな自治体から選ぶことができます。

例えば、長年過ごしてきた自分の地元に寄付してもっと良い街に!

返礼品で美味しそうな物や、生活品を頂きたいからこの地元に。

このプロジェクトを行ってる自治体を応援したい。ぜひこのプロジェクトに寄付したい。

などなどそれぞれの方がどんな理由で寄付しても大丈夫です。

じゅんちゃん

寄付の目的には、殺処分の犬保護などもありぜひ応援したいね😭

ふるさと納税の寄付額は年収によって異なる

年収

ふるさと納税はとってもお得な制度なのですが、

いくらでも寄付したい!という方もいらっしゃると思います。

しかし、ふるさと納税控除上限額があります。

ふるさと納税の限度額は年収や社会保険料などによって

異なってきます。

会社員の方は年末年始会社の方から渡される源泉徴収票。

それ以外の方は毎年3月15日までに提出する確定申告書で

年収と保険料のおおよその金額を計算できます。

後はこちらのサイトにそれぞれの金額を入力すれば、いくらまで

ふるさと納税で控除できるか調べることができます!

じゅんちゃん

控除上限額を上回った分は、所得税・住民税から控除されないから気をつけよう

ふるさと納税の方法は確定申告とワンストップ制度の2つだけ!

確定申告

これまで紹介してきたふるさと納税なのですが、

申告方法は確定申告とワンストップ制度の2種類があります。

こちらは申告出来る方や、申告方法が異なってます。

確定申告ワンストップ特例制度
寄付できる自治体の数無制限1年間で5自治体まで
※同じ自体に何度行っても1自治体とカウント
お申し込み出来る方誰でも!年収2,000万以下の給料所得の方
※確定申告が必要な方は不可
申請方法確定申告と寄附金受領証明書を年に一度税務署に申請する。寄付ごとに申請書と本人証明書を提出する
税金控除の内容寄付額から2,000円を除いた金額を住民税と所得税から控除寄付額から2,000円を除いた金額を住民税から控除
申請期限確定申告の期限とおなじ寄付した翌年の1月10日必着

じゅんちゃん

それぞれのメリット・デメリット簡単にみていくよ

確定申告でふるさと納税をした場合のメリットとデメリット

確定申告を提出

ふるさと納税を確定申告でした場合のメリットは

  • どなたでも利用することが出来る
  • 自治体の数に制限がないためたくさんの自治体に寄付出来る
  • 一年に一度確定申告で計算して提出するだけでふるさと納税を申請できる

この3つがあります。

しかし反対にデメリットもあり、

  • 確定申告を自分で行わないといけない。
  • 寄附金受領証明書を準備しなければならない(令和4年から簡易化します)

この2つは普段確定申告しない方には

少し手間だと感じるところがあると思います。

じゅんちゃん

普段から確定申告してる方にはメリット多いけど、初めての方は少しめんどくさいかも。

ワンストップ特例制度のメリット・デメリット

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度を利用してふるさと納税した場合も

もちろんこちらの制度のメリットを受ける事ができます。

ワンストップ特例制度のメリットはこちらですっ!

確定申告を行わなくて良い!!

正直この一言で完結します。

初めて確定申告するとどうしてもめんどくさいと感じちゃうので、

こちらはかなりのメリットです。

反対にデメリットとして

  • 自治体は5箇所までしか選べない。
  • 会社員以外で給料がある方は利用できない
  • 寄付ごとに本人証明書を提出しなければならな

この3つがデメリットとしてあげられます。

正直・・・

会社員の方で確定申告が苦じゃないって方は確定申告。

確定申告がめんどくさい。やりたくないって方はワンストップ特例制度の利用がおすすめです。

じゅんちゃん

どっちも受けれる制度は一緒だから、自分の手間など考えて、

自分にあった方法で制度を利用しよう!

ふるさと納税の注意点は控除可能額と入金日!

お支払日

これまで紹介してきたふるさと納税ですが、

注意点として控除可能額と入金日があります。

控除可能額についてはこちらで解説してるので省きます。

入金日は、12/31までに自治体に寄付金が入金されてないと

翌年のふるさと納税の金額にカウントされてしまいます。

12/31に入金してしまうとほとんどの場合、翌年のふるさと納税額に

なってしまいますので、こちらだけ注意しましょう。

じゅんちゃん

特にクレジット決済などは入金日遅れてしまう傾向だから注意だね!

お申し込みはそれぞれ企業がやっている

企業

ふるさと納税お申し込みサイトから申請することができます。

各企業ふるさと納税+aでポイントサービスや

オリジナル返礼品など異なった部分があるので自分のあったサイトから

申込みがおすすめです!

お申し込みサイトはこちらにまとめてるのでぜひ御覧くださいっ!

(こちらのサイトは準備中です・・・)

じゅんちゃん

自分の良く使ってるポイント会社や、Amazonギフト券還元など

それぞれのサービスを比較してみてみるといいよ

結論:ふるさと納税制度を利用して、節税と返礼品をいただこう

ふるさと納税はおすすめ

以上ふるさと納税の概要のご紹介でした。

結論ふるさと納税は、実質2,000円で住民税や所得税を

節税できて+aで返礼品とポイントなどいただくことができます。

また、会社員の方はお買い物感覚でふるさと納税でお買い物をして、

ワンストップ特例制度で節税。

その他の方は毎年3月までに行ってる確定申告の記載に、

ふるさと納税の記載と提出物の追加で節税ができる。

それほど簡単に節税対策ができます。

  • 実質2,000円で翌年の住民税と所得税を節税出来る!
  • 住民税や所得税の先払いが出来る
  • 会社員の方でも出来る。
  • いろんな地方のことを知れる。
  • ポイントも貯まる

これを実施したい方にはぜひおすすめです。

また節税は、節約と相性もほんとに良く

より良いふるさと納税の申請方法は有名なリベ大でもご紹介されているので

こちらもおすすめです。

ぜひ地方にお金を寄付して地方貢献。

節税や返礼品で豊かな生活めざしていきましょ!

今日はここまでっ

またね〜♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA