お金の節約

【ロフト部屋】賃貸のロフト付きの部屋ってどうなの?ロフト部屋のメリット・デメリット

ロフト付きの部屋

皆さんはどんなお家に住んでいますか?

1Rの方や1LDK・2LDKはたまた1軒屋の方もいらっしゃるかと思います。

そんな中ロフト付きのお部屋に住んだことはあるでしょうか?

ロフトはやはりお部屋の中ではあまり出回ってないのであまり

評判を聞いたことない方も多いと思います。

今回は

  • ロフト付きの家ってどんな感じか気になる
  • ロフト付きの家のメリットとデメリットって?
  • 一人暮らしなのに二部屋って最高!

などなどロフト付きのお部屋に興味がある方におすすめな、

ロフト付きの部屋のメリット・デメリットをお伝えしてきます!

実際に筆者はロフト付きの部屋に2年住んでいます。

違う物件ですが住んでいるので参考になると思います。

じゅんちゃん

ロフト付きのメリットとデメリットは極端にあるよ!

ロフト付きの部屋のメリット

メリット

ロフト付きの部屋のメリットはいくつかあります。

それはこれらのメリットがあります!

  • 家賃が安い
  • 部屋だと1kだが、気分は1DKになれる
  • デザイナーズマンションでほぼ新築のきれいな部屋もある

大学生の方や、新社会人の方にとってはとてもおすすめなメリット

なのではないでしょうか?

じゅんちゃん

安くてきれいな家に住めたりするって一人暮らしの人にはもってこいだね!

家賃が安い

安い

ロフト付きのお部屋のメリットの1つ目として

家賃がやすいことが多いです。

実際にに筆者も2件今までロフト付きの部屋に住んでいるのですが、

両方とも駅から10分〜15分ぐらいにも関わらず家賃が

管理費込で5.5万円行かないくらいで収まってます。

ロフト付きの部屋は少しまでに立てられたものが多くあり、

家賃が安いということもあるのですが、それでも内装リノベーションされてたりで

中身がきれいなのに家賃がかなり安い物件もあったりします。

じゅんちゃん

ロフト付きで都内で家賃7万円以上とかはあまり見たことないかも!

部屋だと1kだが、気分は1DKになれる

部屋がいっぱい

ロフト付きのお部屋だと部屋が2つある分

1DKの部屋に住んでる気分になります。

1DKの部屋だと家賃が少し高いことが多いですが、

ロフト付きの部屋だと家賃を抑えることが出来ます。

ロフト付きの部屋は厳密には1Kの部屋なのですが、

部屋が二部屋あるので気分は1DKの部屋に住んでる気分が

味わえます。

じゅんちゃん

部屋2つあると気分上がるね!

デザイナーズ賃貸だと築年数がそんなに立ってなくても安く住めることがある。

きれいなアパート

ロフト付きの部屋は築年数が少し古いものか、

かなり築年数が浅いものが多い傾向があります。

築年数が浅いものだとデザイナーズ賃貸などもよく出てきており

入居者を集めるため家賃を低めに設定してるところもあります。

やはり1Rで広い部屋のほうが人気があり、ロフト付きの部屋はって

傾向が少し多いので、家賃が安かったりもします。

実際に今じゅんちゃんが住んでる家も築年数5年未満なのに

家賃が5.5万円以下という破格の値段です。

じゅんちゃん

駅も10分以下で行けるのにこのお値段がすごいよっ!

ロフト付きの部屋はデメリットも多い

デメリット

ロフト付きの部屋は家賃面でメリットも多いですが、

実は住んでみてから気がつくデメリットも数多く

存在します。

そんなロフト付きの部屋のデメリットはこちらです。

  • 一部屋がとにかく狭い
  • 階段の上り下りが意外とめんどくさい
  • 上の人の音が聞こえやすい
  • ロフト部分は気温と湿気が溜まりやすい
  • 掃除が大変

これら5つのデメリットがあります。

それぞれ気になる人はかなり気になる内容なので、

こちらも吟味するのがおすすめです。

じゅんちゃん

これが意外とめんどくさいんです。

一部屋がとにかく狭い。

部屋が狭い

ロフト付きの部屋は本来7畳あった部屋を

3畳と4畳などの部屋に分散させていることも多く

一部屋あたりがかなり狭く感じます。

一人暮らしで普段過ごしてる分には特に影響ないのですが、

友人が家に来たときなどはかなり狭く身動きが取りづらいです。

最大3人ぐらいまでが限界です。

ロフトがある分収納には悩まないのですが、普段スペースをどこで過ごすか

広い部屋のほうがいいか、狭い部屋がいいか考えて過ごす

必要があるかもです。

じゅんちゃん

お部屋の広さはロフトなし部屋のほうが圧倒的に広く感じるよ。

階段の上り下りがめんどくさい。

階段

階段の上り下りがめんどくさいってところがデメリットもあがります。

普段でも大変と思うこともあるのですが、例えば体調が悪い日など

動くのが辛い日はかなりしんどいです。

また荷物などをロフトの部分に運ぶ際は安定せず、危険であったり

重たいものを上げるのは難しかったりします。

今までロフト部屋を使った際は重たいものは1階部分にしか置けない

そんな難しさもあります。

じゅんちゃん

ロフトの階段は梯子だからバランスが悪いのも辛いね💦

上の階に住んでる人の音がよく聞こえる

とにかくうるさい

ロフト部分はやはり天井が近い分上の階の人の生活音が

よく聞こえます。

寝てる時に洗濯機が回ってる音が聞こえてきたり、

歩いてる音が聞こえてきたり

物件によってはアラーム音なども聞こえてきます。

また上の階の人は、騒音が大丈夫かな?

などなど常に気にして生活しなきゃいけません。

普段から騒音がかなり気になる方や絶対に静かな部屋じゃないと寝れない!

また上の階の人がどんな方が住むかによって騒音問題が変わってきたりするので

そちらが気になる方はかなり不便です。

じゅんちゃん

本当に騒音かなりのデメリットだよ。

ロフト部分は気温が高く、湿度が上がりやすい

熱い

ロフト部屋のロフト部分は、熱がこもりやすく気温が高くなります。

冬場は良いのですが、夏場はかなり灼熱の部屋に変わります。

エアコンをつければ解決すれば解決するんじゃないの?と

思われる方もいらっしゃるかと思うのですが、

冷たい空気は下に。熱い空気は上に行く性質上、ロフトの下は涼しくなるのですが

ロフトの部分は熱いままのことが多いです。

やはり熱いのは嫌い。寒いより、熱いほうが無理という方には

かなりのデメリットにもなり、夏の睡眠不足の原因になったりしてきます。

じゅんちゃん

扇風機で空気の循環するように配置してるけどそれでも熱くて湿度も高いよ💦

掃除がとにかく大変

お掃除

ロフト部分は実はお掃除がかなり大変なところになっております。

天井が近いため、掃除機を持って上がりづらかったり。

立ってお掃除が出来なかったり。

ホコリが上から落ちてくる都合上絶対にロフト部分から掃除しなきゃいけなかったり。

ものを移動するスペースがないため掃除がかなりしにくかったり。

などなど

とにかくロフト部分はお掃除するのがかなり手間なところになってます。

部屋のキレイ度はメンタルに直結するので、ここはかなりのデメリットです。

じゅんちゃん

ロフト部分のお掃除対策は考えないとね。

結論:ロフト付き部屋は節約したい方にはおすすめ

ロフト付きの部屋

ロフト付き部屋はメリットもデメリットも数多くある

部屋です。

じゅんちゃん個人的にロフト部屋をおすすめしたい方は

このような方です。

  • 部屋の内装よりとにかく家賃を抑えたい
  • 10代〜20代で家賃を抑えて貯蓄したい。
  • デザイナーズ賃貸に住んでみたい

人生で一度ロフト付き部屋に住んでいるのも面白いと思います。

自分はロフト付き部屋があってるのか。それともやっぱり普通の

1ルームの部屋が合ってるかわかるのでおすすめです。

また家賃という固定費は家計支出でかなり大きなところを締めます。

ぜひ自分の価値観と家計にあった部屋に住みましょう!

他の節約はこちらに乗せてます♪

今日はここまでっ

またね〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA